地震に備えていますか…?

1981年に建築基準法が改正され、より耐震改修と耐震性能の高い家を建てることを定める新耐震基準が設けられました。 しかし、1981年以前に建てられた古い建物などは基準を満たしていないものが多くあります。
耐震補強と聞くと 土台から直さないといけない…とか、柱を取り替えるという大工事が必要だと思われがちです。
あまり費用をかけたくないし、大掛かりな工事はしたくないとお考えの方には、屋根の葺き替えが手っ取り早くできる方法として考えられます。  阪神・淡路大震災では、重い瓦屋根が多くの家屋の倒壊原因となりました。 古い家の屋根は重い場合が多いので、軽いものに変えるだけで耐震性能がグッと上がるケースがあります。 そしてもし、ご自宅やお持ちの空き家が雨漏りなどの悩みを抱えているなら、耐震改修の補助金を屋根の改修に適用しながら同時に雨漏り対策もすることができます。

ご心配・お困りごとがございましたらご相談ください。

関連記事

  1. 3月 定休日のお知らせ
  2. その空き家眠らせておくなんてもったいない!
  3. 空き家のリノベーション
  4. 家は人が住まないとだめになる
  5. 浜松の空き家問題
  6. 「危険な空き家」になるまえに
  7. 10月の営業日のお知らせ
  8. 9月の営業日のお知らせ
2022年6月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP