浜松の空き家問題

~浜松市は「空き家が多い街」~

私たちが住むここ静岡県浜松市では、「空き家」が深刻な社会問題となりつつあります。

現在、日本全国共通の問題として、空き家の増加傾向であることが取り上げられていますが、

そのなかでも特に浜松市は、政令指定都市として空き家の増加が深刻だとされています。

総務省「住宅・土地統計調査」(平成25年10月調査)によると、全国の空き家率は、前回調査の13.1%から13.5%へと0.4ポイントの増加傾向が見らました。

浜松市の空き家率では、前回調査の9.3%から13.9%へと4.6ポイントの急増となった上に、全国平均値と比較して0.4ポイント高いです。

今年平成30年に予定されている総務省「住宅・土地統計調査」でも、空き家率はさらに増加傾向の結果が予想されます。

空き家は大きく「賃貸用の住宅」「その他の住宅(長期不在の住宅等)」「二次的住宅(別荘等)」「売却用の住宅」の4つに分類され、うち「賃貸用の住宅」「その他の住宅」が空き家の大半を占めます。

浜松市の場合、「その他の住宅」が10,340→14,700と増加しており、人口減少や相続した実家を放置したままにするなどの事情で、老朽化した空き家がますます増えていくものと考えられます。

総務省「住宅・土地統計調査」(2013年10月調査)によると、浜松市内には空き家は49,200戸あり、住宅総数(353,900戸)に占める空き家の割合は13.9%となりました。

5年前の前回調査と比較すると、空き家は約19,000戸、空き家率は4.6 ポイント増加しています。

空き家の増加は全国共通の問題で、統計発表直後は「空き家率過去最高」と新聞紙面を賑わしていました。

だだ、全国の結果をみると、空き家率は13.1%から13.5%と増加幅は0.4ポイントと小幅にとどまっており、浜松市の空き家急増が目立つのです。

 

浜松空き家サポートでは、浜松の空き家問題解決に少しでも貢献したいと考えています。

あなたやお知り合いの「空き家」の管理代行、賃貸売買、リフォーム・リノベーション工事など、
あらゆる面から最適な方法をご提案させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 7月の定休日のお知らせ
  2. 浜松空き家サポート、公開いたしました。
  3. 10月の営業日のお知らせ
  4. 使っていない家も財産です!
  5. 8月の営業日のお知らせ
  6. その空き家眠らせておくなんてもったいない!
  7. 借主に改修を委ねる
  8. お持ちの空き家は大丈夫ですか?
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP