ますます加速する空き家問題

野村総合研究所の予測によると、除却や住宅用途以外への有効活用が進まなければ、2033年の住宅数は約7130万戸へと増大し、空き家は約2170万戸、空き家率は30.4%に上昇するという予測がでているそうです。

これは2013年の実績値(約820何戸 13.5%)の2倍以上になるということです。 ますます空き家問題が加速していくと思われます。

かつての日本では、結婚後も親との同居は珍しいことではありませんでした。また兄弟も多かったので家を出た子供たちのいずれかが実家に戻って引き継ぐことが普通でした。 しかし、現代の日本では子供の数は年々減少し、さらに実家を出て独立した子が新たな家を持つというケースが多いため、実家を相続しても『空き家にするしかない』という考えで空き家が増え続けてしまっているのです。

このような問題を解決するために、リフォーム補助金やローン制度などのサポートが用意されました。しかし、いくらローンが組めたり補助があったとしても肝心の住む人がいなくてはどうしようもありません。

浜松空き家サポートでは、このような空き家の現状解決に少しでも貢献していきたいと考えております。

遠方に住んでいて「リフォームしたって住めない」、「もう住む家は持っている」とお考えの方は多いと思います。せっかく相続した家も住む人がいなくては老朽化が進んでしまいます。 自ら住むことはできなくても資産活用としてのご提案など、あらゆる面からあなたにあった方法をご提案させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。

 

関連記事

  1. ☆リノベーションが終わりました☆
  2. 1月 定休日のお知らせ
  3. 持ち家の活用法は人それぞれです
  4. お持ちの空き家は大丈夫ですか?
  5. 浜松空き家サポート、公開いたしました。
  6. 10月の営業日のお知らせ
  7. 地震に備えていますか…?
  8. 空き家対策も波に乗ってリノベーション
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP