借主に改修を委ねる

空き家をリフォームする際の一番のデメリットは、やはり「費用がかかる」ということです。

特に、空き家にしたまま長年経過しているという場合には、修繕するつもりでもフルリノベーション規模の工事になり、費用が高くなりがちです。

そこで、家主の負担を抑える方法として、借主の資金で改修してもらう方法があります。 借り手は必ずしもきれいに整った家を求めている方だけではありません。 製作活動をしている方など多少汚してもいいぐらいの建物を求めている人、自分で好きなようにDIYしたいという方もいるのです。

建物を大事にしてくれる入居者を見つけて、空き家が素敵な住まいへ生まれ変わる… 投資費用をかけずに大家さんになるという賃貸の方法もあるのです。

空き家状態が長年経過して、リスクをかかえてしまう前にぜひご相談ください。

浜松空き家サポートでは、浜松の空き家問題解決に少しでも貢献したいと考えています。

あなたやお知り合いの「空き家」の管理代行、賃貸売買、リフォーム・リノベーション工事など、あらゆる面から最適な方法をご提案させていただきます。

関連記事

  1. 家は人が住まないとだめになる
  2. 浜松の空き家問題
  3. 6月定休日のお知らせ
  4. ☆リノベーションが終わりました☆
  5. 地震に備えていますか…?
  6. 11月の営業日のお知らせ
  7. 1月 定休日のお知らせ
  8. 耐用年数100年を目指す!
2023年2月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP